2010年05月05日

設計者に必要な材料の基礎知識―これだけは知っておきたい機械材料の知識とデータ (実際の設計選書) (単行本) 手塚 則雄 (著), 米山 猛 (著), 実際の設計研究会




【読んで欲しい度】※
機械技術者なら、B:読んだ方がええ
技術者じゃなければ、D:読まんでええ


【概要】
金属材料、主に鉄鋼系の設計に関する材料選定の知識が例と共に載っている。


【感想】
設計技術の知見を得るための読み物と考えると良い。
金属材料、主に鉄鋼系の設計を行う初心者にとっての良書
本書の2章と3章はそれぞれ材料から見る、設計要求から見るという書かれ方をしており一度読むだけで復習できるようになっている。(当然より深く理解するためには数回読み返す事をお勧めする。)
材料データの記載はあるが、実際の設計現場では便覧などの方が便利。


【本の目次】
第1章 設計と材料(材料に関係した事故の例、設計と材料選定)
第2章 機械に用いる材料(材料規格、鉄系材料 ほか)
第3章 設計要求と材料の機能(設計要求、強度から見た材料 ほか)
第4章 設計における材料の選定(設計要求と自動車材料、さまざまな分野での材料適用)
第5章 設計のポイントと材料データ(設計のポイント、材料の物性 ほか)


この書評はあんたらこの本読みない。とのコラボです。
【関連する記事】
posted by pecom at 16:35| Comment(0) | 参考書(資料) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

論文添削します。

技術士試験に合格し、無事に登録も終わりましたので、今後受験を控えている方のために、具体的な協力をしていきたいと思っています。

そう考えた時に目に見えて協力できるのは論文添削かなと思いました。

ちなみに私は「交通・物流機械及び建設機械」の選択科目で取得しました。
技術に携わる多くの方は理解されていると思いますが、選択科目が同じでも論文の技術の中身に関して添削することは非常に難しいため、論文作成の形式や論理性、わかり易さなどを添削の対象とします。
従いまして、機械部門の論文であれば添削させていただきます。
(まれに技術に関しても添削をせていただくことができるかもしれません。)

添削する論文は、過去問やその類似問題の論文、技術体験論文とします。

また先日 知人の論文添削を行ったのですが、予想以上に時間がかかりました。
従いまして、申し訳ありませんが1つの論文添削に5000円頂くことにしました。
ご了承ください。

添削依頼と同時に試験に関する質問なども受け付けますので、何でも聞いてください。
一般的な質問で他の方にも役に立ちそうなものは、このブログにも掲載させていただきたいと思います。
また論文の添削依頼を頂いた方で 希望される方には、私が実際に提出した体験論文を参考に送付いたします。

論文を書き始めるのに何からやって良いかまったくわからないという方は、KEIさんが管理されているKIKAIPE.comの短期合格講座が非常に役に立つと思いますので、参考にされると良いと思います。


論文添削の流れ

1. このブログのCommentに以下を記入してください。(当然ブログには公開されません。)
 @「論文添削依頼」
 A今後やりとりを行う貴方のmailアドレス

2. こちらから依頼受付の連絡をいたします。

3. mailにて論文・質問を送付願います。
 論文は図表も使用されることが多いため、pdf、jpg、ワード、エクセルなど一般的な形式としてください。

4. 論文・質問を受付後、添削終了予定日を連絡いたします。(1週間程度で返信できるように努力します。)

5. 依頼費用(5000円)の振込みを確認後、添削資料を返送いたします。

posted by pecom at 15:23| Comment(0) | 技術士受験支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。