2010年02月09日

CR製図記号

RとCRの違い。
図面のR部分に、CRと言う記号が書かれているものがあった。
Rは設計者なら当然知っている半径を表す記号。
CRは今までであったことが無かったのでJISなど調べてみたが、見つからなかったのでグーグルに頼ってみました。

簡単に書くと、こういうことみたいです。
CRとは Controlled Radius のことでRのカーブが全域にわたってスムーズな凹でないといけないようです。
比較してRは寸法公差内であれば微小部分で凸カーブや直線が許されるようです。

↓が調べたページです。
http://books.google.co.jp/books?id=qv66Mry_OEAC&pg=PA37&lpg=PA37&dq=controlled+radius+symbol&source=bl&ots=CnvvB56QJk&sig=EQQCndXS8CdPXPXKAKN4I6YfUxg&hl=ja&ei=vXpwS66YIZCgkQWk16nUBw&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=1&ved=0CAoQ6AEwAA#v=onepage&q=controlled%20radius%20symbol&f=false




posted by pecom at 06:07| Comment(0) | 技術いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。