2010年03月07日

合格しました。

やったー。
技術士試験に合格しました。

口答試験が12月にあったので、3月5日の発表まで、3ヶ月長かったです。
(口答試験の体験談はこちら→http://professionaleng.seesaa.net/category/7391307-1.html)

筆記試験は合格を期待していなかったので、合格発表までドキドキは無かったのですが、口答試験は合格率が高いこともあって、落ちたらどうしようとすごくドキドキでした。

まだ、登録をしていないので技術士を名乗れませんが、早く登録を済ませようと思います。

合格できたのも周りの方々の協力があってのことなので、ぼちぼち恩返しをしていこうと思います。

このブログも今後、技術士を受験する人の手助けができるような情報を載せられればと思います。
posted by pecom at 15:01| Comment(2) | 技術士受験に向けての日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

技術士第二次試験受験申込

技術士受験申し込みの準備が整いました。
今回は2次試験の第一回目の受験なので準備は抜けが無いようにしようと、技術士会から手に入れられる資料は全て手に入れようと思い、全ての資料を請求しました。
資料は、下の3つがあります。
・受験申込み案内セット(無料)
・受験の手引セット(700円)
・技術士関係法令集(800円)
実は受験申し込み案内セットだけで事足ります。
受験の手引きセットと、受験申し込み案内セットは何が違うのかわかりませんでした。(T-T)
とは言うものの精神安定上、資料が2つあるほうが良いかとも思いました。

今年の試験の形式も書かれていたので、これは確認ができて良かったです。勉強の準備の精度が上がりそうです。
総合技術管理部門を除く技術部門は、次のとおりでした。
選択科目が、記述式で"600字x6枚"以上、3時間30分
必須科目が、記述式で"600字x3枚"以上、2時間30分

手書きの文書は業務中に殆ど作成することが無いのでやはり相当の練習が必要そうです。
また、同じ形式の試験が出ている年代の試験問題を確認したところ、問題を解くというよりも、現代社会の抱えている問題に対して、専門技術の知見を問うものが多いため、最新技術の動向を捉えておくこと、どのように解決すべきかを日ごろから考えておくことが最も必要だと感じました。
受験を考えていらっしゃる方は、立ち読みでも良いので、受験解説書を一読されるのが良いと思います。


技術士受験のバイブル
現在最新の本を追加しました。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。